荷物が入らない!?引越し先で慌てないためには


各部屋のサイズを計っておく

賃貸住宅の契約に際しては、間取りが大きなポイントになります。そのうえで、契約後から引越し日までには、現地を訪れることが大切です。しかし、引越し先が遠い場合は、何度も行き来するのは困難かもしれませんね。そのため、引越し先へ訪れる前には確認すべき項目をまとめておきましょう。引越し先の間取りは間取り図だけではわかりにくい部分も少なくありません。掃除などのために引越し先に行くときは、各部屋のサイズをきちんと計っておきたいですね。特に、コンセントや電灯のスイッチなどの場所は、床面からの高さも把握することが重要です。

家具のサイズもきちんと計っておく

引越し先に持っていく家具のサイズについても、きちんと計っておくことが大切です。わずか数ミリのことで、希望する部屋に入らないかもしれません。各部屋を区切る戸が「引き戸」か「開き戸」によって、置ける家具の条件も変わってきます。引越し時には、荷物を運び入れる場所として、窓を利用することも少なくありません。引越し先が集合住宅の二階以上、二階建て以上の戸建住宅の場合は、階段の利用に支障がないかどうかも確認しておきましょう。

家具の配置には余裕を持って

家具を確実に収めるためには、各部屋ごとにレイアウトを決めることが大切です。そのためには、部屋ごとに家具の配置を決めていきましょう。カレンダーの裏面などを利用して、部屋ごとに家具を配置していきます。家具のパーツは部屋と同じ割合で縮小してつくることがポイント。もちろん、コンセントなどの位置も重要になるため、忘れずに記載します。ただし、あくまでもシミュレーションであり、完璧とはいえないかもしれません。家具の配置は余裕を持って行うとよいでしょう。

北海道の恵庭の賃貸物件を効率よく探すならば、賃貸雑誌や賃貸サイト、複数の不動産屋を利用するという方法があります。